xmlns:og="http://ogp.me/ns#" xmlns:fb="http://www.facebook.com/2008/fbml"> Yチェアー  | 梅田家具工舎
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 和埜和 『満月ライブ コンチャート』 | main | 長谷寺 牡丹祭り >>
2013.04.09 Tuesday

Yチェアー 

久しく更新できませんでした…。
 



IMG_0849.JPG

今回は、かの有名な巨匠ウェグナーさんのYチェアーの編み見直しを頼まれました。
10年くらい使っており、大変気に入って大切に長く使いたいとのことで、ご相談させて頂きました。
10年経つと、やはりペーパーコードも緩んできますね。
さらに、大きな犬を部屋で飼ってることもありこんな状態でした。

IMG_0850.JPG

ペーパーコードを巻いていくのは、根気勝負といった所でしょうか…笑。
力の入れ具合などで、張りの位置や座り心地なども変わっていきます。
なるべく詰めて力を均一に巻いていきます。
張る前に、椅子の歪みなども調整していきます。




IMG_0851.JPG

4脚すると、さすがに大変でした。
しかし10年経っても、さすが巨匠の椅子は良く出来てます!
線が細いのに合理的に造ってあり、しっかりしています。
構造なども大変勉強になりました。

黒の塗装がしてあるので、サラのように綺麗にとはいきませんでしたが…。
Yチェアーは塗装してあるほうが、ナチュラルより値段が高いらしいですが、ナチュラルな無塗装の方であれば、綺麗に補修もできたのですが…。
長く使うのであれば、ナチュラルの方が後々は使い勝手がいいのかもしれませんね。
お客様の場合は、部屋の雰囲気に黒がとてもハマっていました。



IMG_0853.JPG

納品しに行きました。
木の椅子は修繕出来るので、やはり長く使えますね。
これで、また10年使っていただけると思います。
ヨーロッパでは家具を修繕して長く使うのが当たり前の文化です。
家具屋と言えば、修理屋の方が多いと聞きます。
それだけ需要が多いということですね。

日本では家具の修理屋というのは、あまり聞きません…。
日本の椅子文化はまだまだ浅く、一般の人達が今の様に椅子生活になってからまだ40年ぐらいでしょうか?
日本の椅子文化はこれからといったところですが、手作りのものを大切に長く使う文化を通り越して、大量生産の時代に差し掛かった時代にやっと椅子文化が始まったので、椅子を修理しながら長く使うと言う習慣があまりないように思えます…。

家具は色んな思い出と共に生活の一部となるもの。
大切に長く使ってもらいたいものです。
今回のお客さんのおかげで、修理する喜びを知りました。


手作りの木の家具は、一生ものになります。
凹みやキズも味となり、思い出となります。





コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album