xmlns:og="http://ogp.me/ns#" xmlns:fb="http://www.facebook.com/2008/fbml"> 書物 | 梅田家具工舎
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.03.02 Friday

シャルロット ペリアン

 
今、広島の美術館でシャルロット ペリアン展がやってます。
巡回で関西くるのを楽しみにしてたんですが、なんと関西通り越して東京と横浜まで行っちゃうみたいです…。

IMG_0151-1.JPG

大正、昭和に柳 宗理と共に日本の建築や家具の工業デザインを指導した人。
ル・コルビジェの建築に携わって家具を作っていた人。

IMG_9950.JPG

広島まで行こうと思いましたが、結局予定がつかず…。
せっかくなんで、広島にいる同僚に頼んで図録を送ってもらいました。

ふてくされながら読むことにします…。
読んだら、ますます見たくなることでしょう…。
2012.02.02 Thursday

古書と版画と私

 先日、私の大先輩が個展をしていたので奈良町まで出ました。
まだ時間もあったので久しぶりに奈良町をブラブラしてみました。
奈良のもちいどのには、古本屋が多くあります。
今どきの古本屋ではなくいわゆる古書や書物資料などを扱っている昔ながらの古本屋である。

私は、時間がある時にはそう言った古本屋めぐりをするのが好きです。

んで、今回の巡回戦利品は…。

IMG_0156.JPG

言わずと知れた、民塾、民芸の祖、柳大先生の書かれた書物を見つけました。

―新装・柳 宗悦選集 第4巻―
   『朝鮮とその芸術』

柳先生が民芸運動を始めるきっかけとなった朝鮮物の美しさを書いている本です。

柳 宗悦と言えば、先日民芸会員の集まりで、大阪歴史博物館で行われている柳 宗悦展にも行ってきました。
このことは、またの機会にブログにのせます。


IMG_0162.JPG

お次は、
私の大好きな竹久夢二さんの挿し絵が入っている童話の本を見つけました。
しかも360円でした。
これは、なかなかの掘り出し物を発見しました。

IMG_0154.JPG

最後はこちらも民芸の祖、芹沢 げ霏臉萓犬虜酩塀犬鮓つけました。

芹沢 げ霑棺検‖莉住梓―
  『文様検

この本すごく面白いです。
説明も何も書いて無く、ただひたすら作品がオールカラーで載せてあります。
この時代にしてこのデザイン。
さすがは人間国宝さんです…。
全集は全部で31巻まであるので集め甲斐があります(笑

版画では私は谷中安規さんが大好きです。
吉田百聞の挿し絵に良く使われていた人です。
一昨年に岡山の美術館で作品を見てから好きになりました。
風船画伯と自分で名乗っていた、その人の生き方はホント風船そのもので人間味のあふれる人です。
この人の作品集を探してるのですが、なかなか見つかりません。

やっぱり、明治〜昭和にかけての時代は素晴らしい物や人が溢れてますね。
私はこの時代の芸術や文化に惹かれます。
いつもその時代に生まれたかったと思いますが、今の時代に生まれたからこそ気づく魅力なのかもしれません…。

Powered by
30days Album